横浜セクキャバの店内はとてもラグジュアリーで豪華な内装のお店から、庶民的な馴染みのある雰囲気のお店まであるので自分の肌に合ったお店で遊ぶことが出来ます。

入り口のエントランス部分はキャバクラとあまり変わらない感じなので風俗店の入り口が苦手な方にとっても入りやすく感じられると思います。

店内部分でキャバクラと違う所は、ソファやシートの仕切り方が違うといったところでしょうか?

セクキャバはツーショットキャバクラとも呼ばれ、2人きりのシートとちょっとした仕切りで区切られているお店が多く、中にはカーテンで仕切られているお店もあるようです。

横浜セクキャバは女性の質にもこだわっているだけあって店内や備品にもこだわりを持つお店が多く見られます。

また、店内では焼酎やウィスキー、ソフトドリンクが飲み放題のお店が多いので、特にオーダーになければドリンク代がかかることはありません。

横浜セクキャバはお店により、チップがあるお店と無いお店があるので、利用の際はホームページを見るか、お店でボーイさんに確認しておきましょう。

横浜セクキャバの過激なサービス店とは横浜セクキャバのお店によっては、ハッスルタイムといって女の子が男性客の上にまたがりサービスをするという時間もあります。

横浜セクキャバのサービス内容はキャバクラとピンサロの間にあるイメージで、キャバクラより女の子に触れる事は出来ますが、ピンサロの様にヌキ(射精)は無いので、女性の下半身や、男性客の下半身に対する直接的なサービスはありません。

ただ、女の子によってはこっそり下半身を触ってくれたり、触らせてくれたりするということもあるようです。

横浜セクキャバはお店によって多少過激なサービスを提供しているお店もあるようですがこれは実際に行ってみないと分かりません。